【書評】残り86%で宇宙の全てがわかる!?『ムラムラする宇宙』

Diary

宇宙。

1度でいいから、死ぬ前に行ってみたいですよね。

どうして宇宙は始まったのか。

どうして地球はできたのか。

宇宙の外には何があるのか。

そもそも宇宙に「外」があるのか。

「外」のない空間とはどんなものなのか。

まだまだ謎の多い宇宙ですが、今では宇宙全体の14%くらいはわかってきたそうです。

ムラムラする宇宙 (学研科学選書)

 

例えば星の年齢。

太陽は50億歳、おおいぬ座のシリウスは3億歳だそうです。

 

星の年齢は色と明るさを見ることでだいたいわかるそうです。

他にも意外な事実があります。

実は宇宙にも酸素はたくさんあるそうです。

宇宙に存在する元素の中でも3番目に多い元素だそうです。

「じゃあ、宇宙服いらねーじゃん!いぇーい!」

いいえ、宇宙服は必要です。

なぜなら、宇宙はひろーいので、酸素がたくさんあるとは言え、うすーいのです。

この本では、知っているようで知らなかった宇宙の30個の謎について、簡単に解説してくれています。

目次】(全219ページ)

1章:宇宙のQA

2章:天文学者に100の質問

3章:ムラムラする宇宙論

   宇宙論① 宇宙はどのように進化したか

   宇宙論② 見えない宇宙 前編

   宇宙論③ 見えない宇宙 後編

   宇宙論④ 宇宙で最初の星はどのように生まれたのか

本書を手に取り、人類の究極の謎について妄想してみてください。

ムラムラする宇宙 (学研科学選書)

コメント

タイトルとURLをコピーしました