【台湾の行事】端午節の楽しみ方|粽(ちまき)を食べるようになった由来

台湾

知っていましたか?
実は台湾では2つのカレンダーが採用されています。

新暦旧暦です。

2021年の6月14日は旧暦の5月5日にあたり、6月12日~6月14日にかけて端午節のお祝いが催されます。

今回は台湾の端午節についてご紹介します。
思っている以上に盛りだくさんです!

台湾の風習

台湾の端午節は大忙しです。

食べたり、見たり、アクティビティをしたり…

それでは1つずつ見ていきましょう!

粽(ちまき)

台湾で端午節の日に何をするかと聞かれて、一番初めに思い浮かぶのは粽(ちまき)です。
いろいろな種類の粽があり、自由にアレンジも可能です。

最近の人はスーパーなどで買うことが多いそうですが、伝統的な家ではおばあちゃんが作ったりもするそうです。

2021年の端午節はこう楽しもう! 端午節 ちまき 粽 チマキ ドラゴンボート 立蛋 マスク 台湾 三大節句 よもぎ ドラゴンボートレース 香包菖蒲

TAIPEI NAVI より

僕も以前、日本語教師として働いていた時は毎回の授業で学生が粽を持ってきてくれて、端午節から1週間くらい毎日粽生活を送っていました。(笑)

どうして粽が食べられるようになったのか、興味深いエピソードがあるのでご紹介します。

YouTubeでも台湾情報を発信しています

粽(ちまき)の由来

むかーし、むかし、楚(そ)という国に屈原(くつげん)という人物がいました。
屈原は政治家であり、詩人でもあり非常に優秀な人物で人々からも親しまれていました。

屈原- 维基百科,自由的百科全书

「屈原」 Wikipediaより

世は戦国時代で、屈原のいる楚は「秦」と対立していましたが、最終的には負けてしまいました。

屈原は自国の楚が秦に侵略されていくのを悲しく思い、汨羅江(べきらこう)という川に自ら身を投げました

この話を聞いた楚の人々は船を出して、屈原を探しに行きました。
そして、屈原が魚に食べられてしまわないように、エサとして川に投げ入れていたのが粽だったそうです。

これが端午節に粽を食べるようになった由来です。

あなたもブログを書いてみませんか?
継続さえできれば収益化できます! 【初心者向け】WordPressの始め方
|画像つきの徹底ガイド

划龍舟(ドラゴンボート)

端午節のもう1つのメインベントは划龍舟(ドラゴンボート)です。

10人1グループで龍の形をした船を漕いでスピードを競うレースです。

台湾では各地でこのレースが行われており、毎年多くの方がこのレースを楽しみにしています。(残念ながら、2021年はコロナのため中止になりました。)

夜になると、ボートや川に設置されている装飾部分が綺麗に光りとても幻想的です。

この划龍舟(ドラゴンボート)の行事も先ほどの粽の由来と同じで、屈原を探しに行くために舟を出したことが起源となっているようです。

立蛋

端午玩立蛋,也培養孩子的科學素養-翻轉教育-親子天下網站
粽は食べるイベント、划龍舟は見るイベント、そして最後は実践型のアクティビティです。

このアクティビティは立蛋と呼ばれています。

蛋は日本語で卵という意味なので、立蛋は文字通り「卵を立てる」アクティビティです。

正午ぴったりに卵を立てることができれば、幸せな一年を送ることができると言われています。

結構難しいのでやってみてください!

おわりに

いかがでしたか。

お祝い事には必ず歴史的な背景があります。
意外と知らないことも多いので、いろいろ調べてみてください。

自国の文化について知るチャンスですね!

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

台湾についてもっと知りたいという方は、YouTubeチャンネルTwitter『台湾移住ハンドブック』もチェックしてもらえると、よりリアルな情報が得られます。
どうぞよろしくお願いいたします。

台湾移住ハンドブック

台湾移住ハンドブック: ~日本人に知ってもらいたい台湾の姿~

移住に興味がなくても台湾について学びながら楽しく読めます。
Kindle Unlimitedに加入済みの方は無料で閲覧が可能です。

目次を見る

Kindle Unlimitedが今なら30日間無料お試し
1分で完了する登録&解約手順はコチラ
「日本人の〇%が全く本を読まない!?」

新しい趣味を始めてみませんか?

1対1の中国語レッスン!

TOWA Mandarin Centerの詳細はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました