台湾人が知っている日本語|え?そんな言葉も!?

台湾

こんにちは、台湾在住4年目のたいちです。
台湾で生活をしていると、いろんなところで日本語を目にしますし、台湾人同士が冗談で日本語で話し合っているのを聞きます。

それほど日本文化は台湾の中に根付いているということです。
今回は日本語を勉強したことがない台湾人でも知っている日本語を紹介します。



鉄板編

Side view excited multiracial female students in casual clothes giving high five to each other while spending break in lush park

まずは簡単なあいさつや使用頻度の高いものからみていきましょう。

ありがとう

これを知らない台湾人はいないでしょう!
僕たち日本人も中国語の「謝謝」は知っていると思います。
ただ台湾人風にいうと「ありあど」となってしまいます。
可愛いですね。

おいしい

これもほぼ全員が知っていると思います。
やはり人間である以上、生きていくには食が必要です。

あなたは中国語で「おいしい」が言えますか?
自治は僕は台湾に来るまで知りませんでした。

答えは「好吃(ハオチ―)」です。
台湾の場合は少し訛っているので発音は「ハオツー」になります。

ちなみに日本では、食べ物も飲み物も「おいしい」と形容しますが、中国語では食べ物は「好吃」と言い、飲み物の場合は「好喝(ハオハー)」と別の言葉を使います。

あなたもブログを書いてみませんか?
継続さえできれば収益化できます!
【初心者向け】WordPressの始め方|
画像つきの徹底ガイド

かわいい

これは以前、「日本人の女の子は何を見ても可愛いという」といったことが話題になりました。
その影響を受けてでしょうか。

こちらも台湾人ならほぼ知っているであろう日本語になります。
中国語でも「可愛(カーアイ)」というので、漢字が同じで発音も近いことから覚えやすいのかもしれませんね。

個人的感動編

ここからは僕が知ってくれていて嬉しくなった言葉を紹介します。

だいじょうぶ

あなたは猪血という台湾料理を知っていますか?
豚の血を固めた料理で、台湾では非常に人気があります。

台湾在住1日目、私は就職先の台湾人の同僚にローカルなお弁当屋に連れて行ってもらいました。
そこで僕の目に飛び込んできたのが猪血でした。

見た目は気持ち悪いのですが、その時はまだこの食べ物の名前も知らなかったので、好奇心だけで注文しました。
いざ食べてみると変な食感です。

眉間にしわを寄せながら食べている私の顔を覗き込みながら、その台湾人の同僚がだいじょうぶ?それ豚の血だよ!」
この時、「だいじょうぶ」という相手を気遣う言葉を聞いて、心が暖かくなったと同時に、「豚の血」と知って、胸が気持ち悪くなったのを今でも覚えています。

頑張って

これは私が自転車で台湾一周(中国語では「環島」と言います)にチャレンジしていた時の話ですが、背中に「環島中」と書いて自転車を漕いでいると、たくさんの人が車の中から「がんばって」と声をかけてくれました。

自転車で台湾を一周しよう!環島するときの5つの心得|予算・準備・コース
自転車で台湾一周(環島)に挑戦しよう!近年、世界中から多くの人が「自転車での台湾一周」にチャレンジしています。台湾がどのくらい大きいかご存じですか?一般的には日本の九州と同じと言われています。面積にすると36,193 km²。自転車での走行距離は約1,200kmです。この記事では初心者向けに自転車で台湾を一周するときの心得・準備・予算などを紹介しています。

中国語での「加油!」も嬉しいですが、僕が日本人だということを分かった上で日本語で言ってくれる優しさに感動しました。

YouTubeでも台湾情報を発信しています

いちばん

台湾で「いちばん」はとても便利な言葉に認定されています。

本来の意味通り、「No1」ということを指すのですが、「私の娘は日本語が上手だよ」は「わたし…むすめ…日本語…いちばん!!」となります。

「〇〇さん…ピアノ….いちばん!!」
「このホテル…お風呂…いちばん!!」と、まあこんな感じです。

「最高」とか「上手」といった意味で使われていることが多い気がします。
また、「いちばん」には当て字があり漢字で書くと「一級棒」となります。

そんな言葉も!?編

最後は「そんな言葉も知ってるの?」とびっくりした日本語を紹介します。

もしもし

やはり特徴的なのでしょうか。
電話に出るときの「もしもし」は台湾でよく知られています。

僕たち日本人は「もしもし」にあたる中国語を知りませんよね?
もしかするとアニメやドラマの影響かもしれません。

ちなみに、中国語では「喂(ウェイ)」と言います。

いらっしゃいませ

僕たち日本人にとっては何ともない言葉ですが、外国語として覚えようとすると結構難しいのではないでしょうか。

台湾には多くの日本企業が進出していることから、お店のマニュアルとしてお客様が来店した際には「いらっしゃいませ」と挨拶をするお店が多くあります。

そのため店員さんはもちろん、普段から日本のお店に行く台湾人の方も「いらっしゃいませ」は馴染みのある言葉になります。

クリックするとAmazonへ移動します

ちょっとまって

僕は以前、日本語教師をしていたのでわかるのですが、外国人にとって日本語の促音(小さい「つ」)の発音はかなり難しい部類に入ります。

その日は学生にとって初めて日本語を勉強する日で、50音を勉強する予定だったのですが、授業を始めようとすると1人の学生が「ちょと待て!」

僕は耳を疑いました。
まだ「あいうえお」も知らない学生に「待て!」と命令された!?
その時はついイラっとしてしまいましたが、あとになって
台湾人は「ちょっと待って」という言葉を知っていること、
促音の発音が難しく「待って」が「待て」になってしまうことを知りました。

どこで覚えたのかわかりませんが、台湾で意外な日本語が知られているようです。

☆台湾移住ハンドブック☆

台湾移住ハンドブック: ~日本人に知ってもらいたい台湾の姿~

移住に興味がなくても台湾について学びながら楽しく読めます。
Kindle Unlimitedに加入済みの方は無料で閲覧が可能です。

目次を見る

Kindle Unlimitedが今なら30日間無料お試し
1分で完了する登録&解約手順はコチラ
「日本人の〇%が全く本を読まない!?」

おわりに

いかがでしたか。
相手を褒めたり気遣ったりする日本語が知られているのは、日本人としても嬉しいことですね。
この機会にあなたも中国語を勉強してみませんか。
きっと役に立つはずです。

不安に感じていませんか?

1対1の中国語レッスン!

TOWA Mandarin Centerの詳細はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました