【台中⇒台南】奇美博物館へ行ってきました!見どころ&アクセスなど まとめ

台湾

こんにちは、台湾在住4年目のたいちです。

台湾は5月ごろからコロナの感染者が相次ぎ、しばらく旅行は自粛していましたが、そろそろ落ち着いてきたので、久しぶりに台南へ行ってきました。

今回は台南にある奇美博物館をご紹介します。

基本情報

奇美博物館は2015年1月1日に開館した比較的新しい博物館です。
僕の住んでいる台中にも博物館はありますが、規模が全然違います!

外観、内観ともに圧倒的です!

【基本情報】
■滞在時間の目安:2~3時間
■営業時間:9:30-17:30
■住所:717015 臺南市仁德區文華路二段66號
(クリックすると地図が開きます)
■電話番号:06-2660808
■おすすめ度 ★★★★☆
■ジャンル: #景色  #インスタ映え  #異次元空間  #ロマンチック  #アート

 

YouTubeでも台湾情報を発信しています

行き方

今回、僕は台南駅の前でバイクをレンタルして行きましたが、「台湾でバイクは怖い。」「免許を持っていない」という方のためにもバスと電車での行き方をご紹介します。

台南駅からバス行く
乗車駅:台南火車站
バス番号:5番、紅3番、紅4番
所要時間:18分ほど
費用:15元(約60円)
※台湾で公共交通機関を利用する際には悠々カードが便利です。
コンビニなどで簡単に購入することができ、買い斧にも使えますよ!
台南駅から電車で行く
乗車駅:台南火車站
ホーム:2番ホームから潮州、新左營、または沙侖行きの區間車
下車駅:保安駅
所要時間:10分ほど
費用:14元(約55円)
※保安駅は台南駅の隣の駅です。
保安駅から奇美博物館まで15分ほど歩きます。

電車の方が簡単かもしれませんね。

奇美博物館 料金

一般的に公開されている常設展特別展に分けられており、それぞれ料金が異なります。
僕が見たのは常設展でしたが、それでも大満足です。

常設展・・・大人200元
特別展・・・大人450元

事前購入がオススメ!
奇美博物館のチケットを見る

 

クリックするとAmazonへ移動します

奇美博物館

ここではチラッとだけ博物館の様子をお見せします。
アートの全然わからない僕でも十分楽しめました

めちゃくちゃ広いです!

神様たち(?)に見守られながら奇美博物館へ向かいます!
ここから見ると、インドのタージマハルみたいです。

チケットを購入して中に入ります。
当然、コロナ対策のために検温と消毒は行います。

ここは常設展で、1階と2階、それから一部は建物の外にいろいろなものが展示されています。
この写真、よく見ると「撮影禁止」の表示がありますね。
すみません、ブログを書いている途中で気がつきました….

(結構写真撮っている人いたけどな….)

各国の武器が展示されているところが圧巻でした!!
中でもやはり目を引いたのは我らが日本です。

めちゃくちゃかっこいい!!!

これは「考える人」ですね。
あとで調べてわかったことですが、この「考える人」、実は何も考えていないそうです。
地獄を見下ろしているそうですよ。

世界中の楽器が展示されているところもよかったです。
中でも、自分が指揮者になったかのような演出は素晴らしいと感じました。

作品を単に飾るだけでなく、「どう見せるか」という点も重要なんですね。

あ、これは博物館の中に入っているスタバです。
結構歩いたのでリラックスできました。

おわりに

台南といえば、どこか日本の京都の雰囲気をイメージする方が多いのですが、
奇美博物館はアジアを超えてヨーロッパの感じが楽しめる場所です。

是非訪れてみてください。

奇美博物館公式HP

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

台湾についてもっと知りたいという方は、YouTubeチャンネルTwitter『台湾移住ハンドブック』もチェックしてもらえると、よりリアルな情報が得られます。

どうぞよろしくお願いいたします。

台湾移住ハンドブック

台湾移住ハンドブック: ~日本人に知ってもらいたい台湾の姿~ 移住に興味がなくても台湾について学びながら楽しく読めます。 Kindle Unlimitedに加入済みの方は無料で閲覧が可能です。 目次を見る

Kindle Unlimitedが今なら30日間無料お試し
1分で完了する登録&解約手順はコチラ
「日本人の〇%が全く本を読まない!?」

「台湾」の中国語を学びませんか?

1対1の中国語レッスン!

TOWA Mandarin Centerの詳細はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました