【食べないと損する!?】台湾に行ったら絶対に食べたい料理10選を紹介!

台湾

【食べないと損する!?】台湾に行ったら絶対に食べたい料理10選を紹介!

こんにちは、台湾在住4年目のたいちです。

台湾のイメージと言えば、小籠包、タピオカミルクティー、パイナップルケーキなど…
とにかく食べ物ですよね。

今回は、台湾に行ったら食べないと損する料理10選を紹介します。



小籠包

いきなり来ました!すみません。

まぁ、これは言われなくてもって感じですよね。

日本でもすでに何店舗か展開されていますが、『鼎泰豊』の小籠包は別格です。

「小籠包」の画像検索結果

ちょっと高いなと言う人は夜市に行きましょう。

いろいろな種類の小籠包があって見ているだけでも面白いですよ。

日本人だと分かればオマケしてくれるかも!

蚵仔煎 (オアゼン)

台湾名物です。日本語では「牡蠣オムレツ」と呼ばれたりもしています。

文字通りオムレツの中に牡蠣が入っていて、上から甘酸っぱい特製ソースをかけて楽しみます。

お店によってこのソースの味が違うので、いくつか食べてみるといいと思います。

作り方も豪快です!





魯肉飯(ルーローファン)

これもお馴染みですね。

台湾は肉大国とも言われており、毎食何かしらの肉を頬張っています。

ルーローファンはご飯の上に豚の角煮がのってあり、一気にかき込めて、一瞬で幸せになれる料理です。ご飯何杯でもいけそうです。

鶏肉飯(ジーローファン)

こちらも丼ぶり系の料理です。

ルーローファンは豚の角煮でしたが、ジーローファンは鶏肉を使っています。

特に台湾中部の嘉義(ジャーイー)の鶏肉飯が有名なので、ぜひ喰らいついてみてください。 

ルーローファンに比べて、カロリーも低めです。

蛋花湯(卵スープ)も付けて、楽しんでください。

滷味(ルーウェイ) 

日本語では「台湾式おでん」と言ったりもします。

これも夜市でよく見かけますね。

肉や野菜が店頭に並んでおり、自分で好きなものを指差して、その場で調理してもらいます。

値段が書いていないところが多いので、少し不安になりますが、まぁそんなに高くはないです。

お店によって味付けが異なるので、自分のお気に入りの店を見つけるのもいいかもしれませんね。

注文は少し難易度高めです…

牛肉湯(牛肉スープ)

「湯」は中国語で「スープ」と言う意味です。

なので牛肉湯は牛肉の入ったスープです。

一度飲んだらもう止まりません。

大盛にしておけばよかったと後悔すること間違いなしです。

「牛肉湯」の画像検索結果

牛肉湯は台南が有名なので、台南へ行った時は必ず食べてください。

私は牛肉湯のシャワーを浴びたいくらいです。 ←は?

地瓜球(サツマイモボール)

日本語では「サツマイモボール」と呼ばれています。

サツマイモをつぶして、丸めて、揚げたスイーツです。

「サツマイモボール」の画像検索結果

モチモチした食感に、ほんわりと漂う甘い香りがやみつきになります。

食べ歩き必須のアイテムです。

豆花(トウファ)

これは人的No.1台湾スイーツです。

豆花は豆乳で作ったプリンのようなものです。

これ単体で食べてもおいしいのですが、湯圓(白玉団子)、タピオカ、芋圓(タロ芋)、紅豆(あずき)などをトッピングして食べるのがオススメです。

肝心の豆花が見えませんね。。

台湾料理は脂っこいものも多いので、食後のデザートとして完璧です。

    

麻辣鍋(マーラーグオ)

実は台湾人は鍋が大好きです。

日本で鍋と言えば、冬に食べる料理のイメージがありますが、台湾は常夏にもかかわらず、1年中食べます。

麻辣鍋は辛いスープと少し酸っぱいスープがあるので、辛い料理が苦手な人も食べられます。

「麻辣鍋」の画像検索結果

少しギョッとする食材なんかも入れたりします。

麺線

日本のにゅう麺みたいな感じですかね。

猪脚(豚足)や鶏肉を入れたり、店によっていろいろなアレンジがあります。

スープもトロトロしていておいしいので、全部飲んでしまいます。

スープなしの麺線もあり、これもこれでいけます。

最低でも2回はおかわりするでしょう。

中国語ならPreply

おわりに

いかがでしたか。

今回は、台湾に行ったら食べないと損する料理を10個紹介しました。

せっかくの海外旅行ですから、日本ではあまり食べられないもの食べたいですよね。

ぜひ参考にしてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました