【台中】谷関温泉(グーグァン)の行き方|温泉宿紹介| 

台湾

【台中】温泉大国台湾を楽しもう~いい湯だな♪ in谷関~



【基本情報】

■滞在時間の目安:1日~2日(日帰りも大丈夫!

■住所: 424台中市和平區東關路一段溫泉巷東關路一段溫泉街188號424

■おすすめ度 ★★★★☆

■ジャンル: #温泉 #足湯 #景色  #インスタ映え  #自然  #トレッキング

【天候(台中)】

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(℃) 16.9 17.3 19.6 23.1 26.0 27.6 28.6 28.3 27.4 25.2 21.9 18.1
降水量(mm) 30.3 89.8 103.0 145.4 231.5 331.2 307.9 302.0 164.5 23.2 19.3 25.9

【行き方】(全てバスでの行き方です)

①台中高鐵駅(新幹線)から行く
・台中高鐵駅の地下1階にあるバス乗り場(6番出口)へ向かう。
・153番、もしくは153副番のバスに乗る。
・運賃:約60元(約219円)*レートは日によって異なります。
・所要時間:2時間弱
・時刻表:時刻表はコチラをクリック
②台中火車駅(電車)から行く 
・台中駅周辺のバス停から850番のバスに乗る。
(路線図にある駅ならどこでもOK。)
・運賃:約100元(約366円)*レートは日によって異なります。
・所要時間:約1時間半
・時刻表:時刻表はコチラをクリック




【グルメ】

谷関は五葉松のアイスが有名です。
グルメと言うほどではありませんが。笑

【おすすめホテル5選】

『谷關伊豆日式露天溫泉會館』

・露天風呂あり

・水着/裸体どちらもOK

・日帰り/宿泊どちらもOK

谷關伊豆日式露天溫泉會館はコチラ

 

 

『四季温泉会館』

・バリ風のスパゾーンが人気

・谷関のランドマーク吊り橋が一望できる

・コーヒーとお茶が飲み放題

四季温泉会館はコチラ

 

『星のやグーグァン (HOSHINOYA Guguan)』

・2019年にオープン

・各客室に露天風呂あり

・予約困難

星のやグーグァン はコチラ

 

 

『谷關溫泉飯店』

・部屋から谷関の景色が一望できる

・谷関の渓流が見下ろせる

・グルメ街も近い

谷關溫泉飯店はコチラ

 

 

『神木谷假期飯店(ユートピア ホリディ ホテル)』

・渓流に面しており景色は抜群

・敷地内に樹齢1000年の五葉松

・部屋付きの温泉あり

神木谷假期飯店はコチラ

 

 



超実戦型中国語教室Lilian|ネイティブ講師が今だけ無料体験レッスン

【地図】

谷関について
山岳地帯の渓流沿いにあり、関所のような立地からつけられた名前が「谷関温泉」だそうです。
もともとは原住民タイヤル族によって明治時代(1907年)に発見されたため「明治温泉」とも呼ばれていました。
当時(日本統治時代)、台湾には北投、四重渓、知本、谷関にしか温泉がありませんでした。
谷関の温泉は良質の弱アルカリ性炭酸泉で、露出温度は62度、入浴する際の水温は約48度前後となっています。
また温泉水は入浴するだけでなく、飲むことも可能だそうです。
一部のホテルでは温泉水を使ったコーヒーを提供しているところもあるそうです。


【写真】

無料の足湯ゾーン

召し上がれ♪

タイヤル族のお姉さんと

タイヤル族の文化体験

【c】【公式】トリップアドバイザー
TripAdvisorで旅を探す

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました